2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
記念祭
2010/09/29(Wed)
この夏を一変させてくれた記念祭が先日、終了いたしました。

息子の「劇をやる」の一言で私の、いえ、家族中の夏を宝塚色に変えてしまいました。

なにから書けばいいのか・・・本当に盛り沢山の毎日でした。
息子がやると言わなければ経験出来なかったことばかりの数々。
母も子も素人軍団の船出で、舵取りは二人の昨年の経験者とそのお母様。
経験者二人を含む三人の高校2年生、十二人の1年生、一人の中学生という構成でした。
経験者のお母様以外の者はこんなに重大な事とは思いもせず走り出しました。
進むに従って次第に「大変な事をしているんだわ」と感じるようになってきました。

外部の先生方、ジェンヌさん、前回の母会の方々、歴代の先輩方、音響関連の専門学校の生徒さん先生方など毎日のように多くの方がご指導訪問に来てくだり、オマケに常に回っている2社のTVカメラ。
本当に多くの方に支えられながら注目されながら練習の日々、母達は縫い物に工作。
感謝の思いを持つよりも先に「やらなければ」の気持ちが重かった日々でした。


そうしていろんなプロセスを経て本番当日にたどり着きました。
何故か私自身、本番10日前からやせ始め、ついに3㎏も体重が落ちていました。
その頃にはとにかく母も子も倒れられないので栄養剤を朝晩飲んでいたのですが・・・。
当日はメイクをして学校内を練り歩き本番を迎えるのみでしたが、なんとその大事なメイクを私は大失敗してしまったのです><
メイクリハ、ポスター撮りの時はどのお母様にも褒められる上出来なメイクだったのに、肝心な本番でやってしまいました><
マツコデ○ックスとでもいうのでしょうか・・・・ゴツイ系のオネェサマになってしまったのです><
滅多に落ち込まない息子のテンションが見る見る落ちて行くのがわかり親子ともども泣きそうでした。
先輩ママの間を駆け巡り・・・でも何方も失敗メイクをやり直す方法をご存知なかったのです。
冷や汗と胸の痛み、今までの息子の苦労を思うと本当に泣きそうでした。
ある方が失敗したアイメークを「綿棒で取ってみたら?」と助言してくださり、やてみたところ分厚いアイメークが綺麗に落ちていきました!
その時の安堵感。
その後の修正メイクは「先輩ママ呼んできて」の息子の一言でやらせてもらえず><
すみません、つまらない事をだらだらと書いてしまって。
実はもうメイクが無事に終わった時点で私の今年のカヅ○カタは終わっていました。
ほっとしたので。。。。

本番3分前!顧問の先生の大きな声が楽屋代わりの廊下に響くと(さあ、いよいよ)の気持ちになり緞帳があがったのでした。
モニターを見る余裕もなくただただ早替えの順番を確認し小物をまとめ、舞台からはけてくる息子を待ち「大丈夫、大丈夫上手くいっているよ」と小声でささやくのでした。←客席に聞こえるので大声が出せません。
廊下をせき止めて楽屋代わりにするのですがこのわずか15mほどの廊下は戦場のようで、早替えの多い順にパイプハンガーに衣装を並べるのですが、一番遠くの子はドレスを捲り上げ全力疾走して走り抜けます。
その後を母親が追っかけてきて「かつらがズレている!」とか「シャツが出ている!」など小声ながら鋭い声で言い立て直し、何食わぬ顔で舞台に戻ります。
出番直前に衣装がほつれたりで両面テープは何度飛び交ったことか・・・。



達成感?もっとものすごい解放感が得られるのかなと思っていました。
正直なところ悔しさばかりなんです。
もっとこうしたかった、ああしたかった・・・・。
息子達は思いっきりはじけていましたが、どの子も心からの笑顔でしたが私自身は(まだまだやりきっていない)想いがあります。
来年も、と息子は言っていますが、もし来年があるならもっともっと真剣に取り組みたいです。
こんな事はそう何回も経験できない素晴らしいことなのだから。

最後に観て下さったお客様、関係者の皆様、家族に感謝です。
何一つ欠けても成り立たない舞台なのですから。

そして子供達にも感謝です。

そうそう、一つの舞台を大勢の人たちで作り上げたのですが大切なことは「エゴを捨てる事」
エゴを捨てて人のために動かないと一つにまとまらないんですよね、社長業である主婦業では学べない事でした^^


スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
お久しぶりです。

記念祭お疲れ様でした。
察するにお母様方もサポートの域を越え一劇団員としての仕事内容のようですね。
大人になってから高校生の文化祭に参加できるなんて、ある意味青春時代をもう一度体験しているようで充実していたのではないでしょうか。それ以上に大変だったと思いますが(笑)

TV放送もされるそうなので観たいなぁと思いますが、住んでいる地域が違うとそうもいかず残念です。
2010/10/01 16:57  | URL | チェリー #M3XQ4zfU[ 編集] ▲ top
-  -
●チェリーさんへ
こんにちは^^

メイクに衣装直しに製作、早替えの手伝い・・・まさか今更こんな事をやらせてもらえるなんて思ってもみませんでした。
そうですね、劇団員ですよね。
自分にとっては全く未知の世界でしたので面白かったです。
青春時代でしたが仕事や家庭のくくりがあって息子達のように夜の11時までとかあるいは色々なスタジオを転々として練習したりという事は出来なかったので少々不完全燃焼です><
どうしても主婦という立場がありますよね。
でもいい経験になりました!
子供のことがよく分かったし学校や友達の中での姿とか垣間見ることが出来て、本当に楽しそうで良かったですv


2010/10/01 22:54  | URL | かずみ #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/02 11:45  | | #[ 編集] ▲ top
-  -
●一番乗りさんへ
はじめまして^^
全力投球の観覧、ありがとうございます!
こうしてカヅ○カタ歌劇団が8年目を迎えることが出来るのも一番乗りさんのように熱心に応援してくださる方々がいらっしゃってのことと本当に感謝しております。
拙い高校生の歌劇を感動的なものにして下さるのも、やはり観て下さるみなさんの情熱があってこその事です。
母として心からお礼申し上げます。
ありがとうございます。

さてご指摘下さった件ですが私の配慮不足でしたね><
早々に変更しまして新たにもうニュースとかでご存知な部分が多いと思いますが,少しだけ舞台裏の様子を書き足しました。

息子達も母達も素人の集まりですがカヅ○カタの伝統を絶やさないように、応援して下さる方の情熱をいただいて頑張りますのでこれからもよろしくお願いいたします。
2010/10/02 16:27  | URL | かずみ #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/01 15:19  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://arugamamano.blog88.fc2.com/tb.php/479-8361a134

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。