2018 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大寒には水
2010/01/30(Sat)
今は大寒ですね。
もうすぐ立春で大寒の時期も明けるのですが義母から大寒の話を聞きました。

夏に水中りしたくなかったら大寒の水を飲め

だそうです。
大寒の水(水道水でもいいそうです)は汲み置きしておいても濁らないそうです。
義母曰く、大寒の時期は乾燥するから水分を沢山とるためにそう言い伝えられているんじゃないかと言うことです。

この時期、意識して水分は摂りたいですね。
ついついトイレに行きたくないからとか汗をかかないからとかではなく、夏は意識しなくても摂るけれど実は今が意識しなければいけない時期なのかもしれません。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
確かに、この季節はあまり水分を取らないですよね。
人の身体は半分以上は水分で出来ているわけですし
水は正に命を潤す大切なものです。
水分摂取で老廃物の排出を促しダイエットにも効果ありとも言いますし
水(白湯)は積極的に取り入れたいですね。
2010/02/01 09:42  | URL | cyarako #n08XGfOg[ 編集] ▲ top
-  -
●cyarakoさんへ
昔からの言い伝えって的を得ているものが結構あると思いませんか?
若い頃は「迷信、迷信」と思っていましたが、この年になって考えると「凄い!」と思う事が度々あります。
きっとこの時期でもちゃんと水分補給しないと夏場の体力が無くなってしまうのでしょうね。
ある物理学者が「わかった事と言えば人間は何もわかっていないということだ」とか・・・。
わからない事を知るヒントが昔からの言い伝えの中にあるような気がします。
科学的にも証明されない事が言い伝えの中にあって結果がそのとおりになる・・・例えば「かめむしが大量発生するとその年は大雪になる」とか。
2010/02/07 10:31  | URL | かずみ #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://arugamamano.blog88.fc2.com/tb.php/457-fe1b9684

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。