FC2ブログ
2018 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
おめでとうございます
2010/01/03(Sun)
あけましておめでとうございます。

昨年後半はあまり記事をUPする事が出来なかったのに、今年は早々に書く事が出来て「上出来、上出来」と満足しております(笑)

侑那から先程、帰ったとの連絡が来ました。
昨年12月29日から本日3日までの、春に家を出てから初めての本格的な帰省でした。

サークルのテニス一筋の生活で黒くなって引き締まった姿で帰ってきました。
こちらにいる時よりもうーんと健康的になって、風邪一つ引かずにインフルエンザも彼女の脇をすり抜け遠ざかってしまったようです。
温泉に行ったり私の実家に挨拶に行ったり友達に会ったりと、あっという間の6日間でした。

そして帰ってしまった今、なんとも言えない寂しさです。
ただ彼女がいない寂しさというだけではなく、いつも気づかされる「無常」の寂しさですねぇ。
侑那が帰ってくればまた前のような、高校生の時のような時間が流れ出すのかと思っていました。
ひと時何かの都合で止まった時間が同じようにこの6日間過ぎるのかと・・・そう思っていた自分が駄目だったんだなと感じています。
やっぱり前のままではありません。
侑那がいる、という事が非日常なんですね。
何をやっていても頭のどこかで気にしているこの6日間。
非日常、特別な6日間でした。

着いたとのメールに
「ほっとした?やっぱり落ち着く?」と聞くと
「あー帰ってきたなーってかんじ(笑)」
やっぱりそうよね。

「こっちに帰ってきた時は?」
「帰ってきたわーってかんじ(笑)」
成る程。
上手い事言うじゃない。
帰ってきたなーって言うのはここが自分の居場所で日常でここで戦って行くんだって感じがしました。
帰ってきたわーって言うのは喜びもあるけど非日常でちょっと寄ってみたという感じかな?

なんだか娘が帰ってお風呂に入って一人泣いている自分に、また前のような時間が流れるという甘い考えをもっていたことを反省しました。
久しぶりに5人と一匹の家族に戻ります、と年末に書きましたがそれは正確ではなく、4人家族に一人家族が増えて賑やかなお正月になりそうです、という感じでしょうか。
分かっていただけるでしょうか?

帰って来たその日、何か私が言った時に「この距離感がいいんだって」と娘が言いました。

今しみじみとその言葉を噛み締めています。
もう娘は寂しい想いもして、いろいろ考えて「この距離感がいい」という考えにたどり着いたんだと思います。
長く傍にいればうっとおしくもあり成長できない、たまに帰れるこの距離がいいと言い聞かせたのでしょう。

ある部分ではもう既に私を超えてしまった娘です。
小学生、中学生、高校生と子供の成長は何物にも変えられない楽しみで充実感を与えてくれますが、悲しみや寂しさも与えてくれるものと知りました。
ある日、突然に来るのです。
それを喜びに変えるのが本来でしょうが今はまだ、ただただ時の流れが切ないとしか思えません。


とまぁお正月からウダウダの私ですが・・・
今年もよろしくお願いいたします。
相変わらず今年はじめての記事が子供の話になってしまいました><


スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://arugamamano.blog88.fc2.com/tb.php/453-5537d39d

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。