FC2ブログ
2018 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秋の深まり
2009/10/31(Sat)
8月の終わり夜風が涼しく感じるころから、我が家のお隣の空き地には秋の虫達の合唱が聞こえる。
そして小寒くなった10月の終わり、今日も鳴いています。

私の部屋は空き地に面していて、2階なので雨戸も閉めていません。
無用心なと思うけど朝が起きやすいのでついつい窓に障子戸です。
夜眠るとき、考え事をする間もなく眠ってしまう時もあれば、ちょっと眠れない時もある。
そんな時は目を閉じて虫の声を聞く。
窓を閉めていてもリンリン、チロロンチロロン・・・・かなりの虫たちの声がする。
何十匹、何百匹という数でしょう。
しかしセミとは違ってその数が多くても、どれも一匹一匹ははかなげな声です。
目を閉じて虫の声を聞く。
真っ暗闇の中、虫の声だけがこだまして広い草原の真ん中で大の字になって寝ているような気がしてくる。
お布団が草になる。
もっと無になると宇宙の中で浮かんでいるような気もしてくる。
四方八方から鳴き声がするので。

真夜中に目を覚ましても、明け方に目を覚ましても、いつも私の部屋には秋の虫の声がする。
特に明け方は車の音も無くなるのでいつでも目をつぶれば大自然に抱かれているような気分になれる。
自然の音というのはとっても私達の脳にはいいのでしょう。
川の流れも波の音も葉の擦れる音もなかなか聞こえない我が家、わが町ですが、この虫たちが目をつぶれば私を自然の中に運んでくれます。
8月の終わりから11月にかけての夜は素晴らしい。

私は名残というのが結構好きだったりします。
いつか書いたかもしれませんが日本料理のお弁当の文化には彩りを考え味付けの濃淡を考え、さらに「初物」「旬」「名残」も盛り込むことのできる素晴らしい文化であるということ。
なにかにつけて「初物」「旬」に話題がいくものですが、この「名残」もいいものです。
イルカさんの「なごり雪」みたく心をさわさわさせるものを持っています。
夜の虫の声、私にステキな眠りをくれるのですがもうすぐ「名残」となりそうです。
やがて木枯らし、北風が私の耳を楽しませてくれます。
これまた先日、テリーの散歩をしていたら風が吹き落ち葉がいっせいに道路を駆け巡ったのですが、その音が実に硬い音、カサカサカサ・・・・乾燥してかさかさの葉になっていたんですね、秋が深まったなと思いました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://arugamamano.blog88.fc2.com/tb.php/447-4e866756

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。