2018 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
体験談
2009/10/17(Sat)
先日、夏休み前から依頼されていた「大学受験経験談」を娘の母校で話してきました。

このお話を依頼されたとき、私はイヤイヤではなく、(とっても緊張するでしょうけど、こんな私でも後輩のお母様方にお役に立てるのならば、そして私にとっても自分のためになる)と、ありがたい機会を与えていただいたと僭越ながらお引き受けいたしました。

引き受けた以上はお茶を濁すようなやり捨ての会にはしたくないと思い、自分なりに一生懸命に原稿を考えました。
考え出すとあっという間に時間は過ぎてしまいましたが時間が早く過ぎてしまうということは、言うまでもなく充実した時間でした。
原稿を考える上で実はこのブログがすごく役に立ちました。
あの頃を振り返るのにもう一度読み返しました。
又、文章を組み立てる上でも日ごろ拙い文ですが書き続けているので、書くことに苦痛はなく時間はかけましたが、たたき台はすぐに出来ました、とは言っても6時間ぐらいはかけました。

その後、何故か息子が添削。
息子は中学受験期に作文教室に通っており、又、学校では丁度中学過程の一区切りとして「卒業レポート」をまとめております。
ですから細かいルールだったり接続詞がおかしいとか分かるようで、本文は変えない程度の私の初歩的ミスを正してくれました。

その後は読み込み。
以前、侑那がピアノの発表会に出たときのこと。
色んな先生方の子供さんたちが出演しましたが、ある子が演奏が止まってしまい、まごついてしまいました。
(緊張しちゃったのね)と私は思いましたが、すぐ横にいらした侑那の先生が「あれは先生のミス」と、はっきり言いました。
「弾きこみがさせられなかった先生のミス」と言うのです。
演奏の内容は緊張とかも関係しているのでしょうけど、途中で止まってしまうなんていう初歩的ミスは弾きこみさせることで回避できるのだそう。
緊張しても何があってもピアノの前に座れば勝手に指が動くまで弾きこませるのものだと言いました。
自分に厳しい先生の言葉を思い出して、私は何かの合間合間に声を出して何度も何度も読み上げました。
30分の原稿の内容でしたので時間もずいぶん取られました。
仕事をされていらっしゃる方はプレゼンなど頻繁にあり、何をたった30分の体験談に力を入れているんだ、と思われたでしょうけれど私にとってはとっても新鮮な経験だったのです。

まだ読み込みで出来上がった訳ではありません。
今度は主人の前で読みました。
もうみなさんは主人の性格などわかっていらっしゃると思いますが、本人が努力していないものに関しては全く力を貸してくれません。
物の出来、不出来ではなくそこまで本人がどれだけ考えて思いを込めてきたかというのを感じられないと話を聞いてくれないという、家庭内でも仕事人間な部分があります。
他愛もない話でしたらそんな事もないのですが、今回のように学校に出向きお話を聞いていただく原稿となれば私自身が練り上げていないと真剣にアドバイスをくれません。
こういう性格は一見して冷たく思われがちですが、実は長い目で見ると非常に私自身を成長させてくれた。
言葉に出して本人には絶対言いませんが(笑)結婚生活がここまで来てやっとわかってきました。

主人には独りよがりになっている表現を徹底的に洗い出してもらい(これはお話の後、「とても分かりやすかったです」と言っていただけた要因になったと思います)また、受験のテクニック論に終わらせず侑那のモチベーションを柱にした文を加える事を修正指示?してもらい、原稿の完成です。
そしてまた、読み込み。

夏休み前からいただいた依頼を10月に入りバタバタとやりましたが、なかなか面白かったです。
息子が「おっかあも大変だな」と言いましたがしめしめ^^そんなに大変ではなく、本当は家事より好きかもしれません^^

本番は話の途中でハンカチで目頭を押さえていらっしゃるお母様たちもいらして、それは決して私の話が云々という事ではなく、受験という「私は経験者、この方達はこれから」という共通体験を通じて心が通じ合ったのを感じました。
良い経験をさせていただいたと思いました。

その後のお食事会は早々に抜け出し、今回のご褒美としてジャクソン5の「The Christmas Collection」を買ってルンルンで帰りました。
どうも私はその後のお食事会とか苦手なんですよね><付き合いが悪くて我がままです><
その分、好きなCDを聞くほうが落ち着くんですよね、まあ仕事ではないので好きなようにさせていただきました。

今、私の中でのマイ・ブーム(古いですか?)は努力です。
ちょっと前、イヤ大分前になりますか?努力はカッコ悪いという風潮が社会にありましたけど、再び小学生の頃みたく「努力」という言葉が好きになりました。
努力できるものがあるというのは、ありがたいことです。



スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
かずみさん、お疲れ様でした!

>引き受けた以上はお茶を濁すようなやり捨ての会にはしたくないと思い

本当にかずみさん、すごいですw
読み込みまでするなんて、私、仕事でもなかなかしません!(笑)

嫌々な気持ちで行うんじゃなくて、一生懸命取り組んだからこそ、
達成感とか、喜びとかを感じられるんでしょう。
私も最近、一生懸命取り組んでなかったかもしれません。

そして、涙ぐむお母様方もいらっしゃったなんて、素敵なお話だったのですね。
やっぱり、こっそり潜りこみたかったです~。 (^^)

ホントに本当に、お疲れ様でした!!

2009/10/19 19:58  | URL | 桃香 #QOxbn3Rw[ 編集] ▲ top
-  -
大役お疲れ様でした!
発表って緊張しますし準備も思いのほかかかりますし
私はできれば逃げたい派・・・
うまく行った時は嬉しいものなんですが。

かずみさんは見事やり遂げたのですね~
応援してくれるご家族もいて素晴らしいなぁと思いました。
2009/10/19 21:42  | URL | よしの #4O1D1FCQ[ 編集] ▲ top
-  -
●桃香さんへ

>読み込みまでするなんて、私、仕事でもなかなかしません!(笑)

桃香さんはきっともうプレゼンとか慣れていらっしゃるから・・・私は新鮮でしたので楽しめました^^

>嫌々な気持ちで行うんじゃなくて、一生懸命取り組んだからこそ、
達成感とか、喜びとかを感じられるんでしょう。

本当にそうでしょうね。
この辺については私も日々反省でして、なんでも自分の精一杯を出してやりたいなとは思うのですが、完璧主義、そうありたいのですがそれはそれで苦しい人生なのかもしれませんので、これだけは譲れないという物に関して完璧を目指したいと考えています。
受験という共通体験がテーマでしたのでとってもやり易い環境でした。
涙ぐまれたのはそれだけその方が一生懸命に母親業をされていらっしゃるのでしょうね、私の話はただ切羽詰っていただけかもしれません(笑)
ありがとうね、やる前から色々気にしてくれていて^^
勿論、桃香さんの後押しもあってなんとか出来ましたよ^^
ありがとう。

●よしのさんへ
よしのさん、お元気ですか?

>私はできれば逃げたい派・・・

私も正にコレ派でした、今までは。
でも最近は自分の成長のなさに呆れていい機会と思えたのです。
きっとそう思えたのも侑那との受験期が充実していたからと今更ながらに娘に感謝しています。
アドリブは苦手ですが今回は原稿を作る時間がありましたので気楽に引き受けてしまいました。
よしのさんはお仕事で発表とかの機会が多く、きっと私なんかよりずーっと人間が大きくていらっしゃるんだろうなと思います。
私もほんの真似事をしてみてなかなか楽しかったです^^
家族の応援もやっぱり私が真剣に取り組んでいたからみたいですよ。
なんでも努力って大切なんですね。
今頃こんなことを言っている私はあまりにも幼稚ですが><
2009/10/20 16:56  | URL | かずみ #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://arugamamano.blog88.fc2.com/tb.php/444-d8b9e3d5

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。