FC2ブログ
2018 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
答えは自分の中に
2009/03/05(Thu)
生活していればいろんな苦があるけれど、それを解放してくれる答えはいつも自分の中にある。
納得のいかないこと、理不尽なこと・・・全て答えは自分の中に。

今ある苦から逃れようとしてあがいてみるよりも、その苦はどこからくるのか、それは全て自分の中から。
物事は表裏一体。
いい事のようで悪い要素も隠れていて、悪い事でもいい面があってそのどちらの面を見るかによって見方考え方感じ方が違ってきますね。

生まれたままの純真な心に戻って、いつも自分の中に答えを求めていろんな苦を浄化していきたい。

やっと近頃そんな考え方ができるようになりました。
何かに怒ったり腹を立てたり・・・まだまだそうなるかもしれないけれど、自分の中に答えを探していきたいです。
考え方次第の世の中です。
自分は間違っていないという自信さえあれば(ということは常に自分に厳しくしなければなりませんが)考え方次第という方向でいいのではないでしょうか。

ちょっと独り言・・・。




スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
かずみさん、こんにちは。

「全て自分の中から」
本当にそうですよね。

私の大好きな作家さんの一人に、加納朋子さんという方がいらっしゃいます。
(名前を出しているのがまずかったら、削除してくださいね(;°°;))
パソコンも携帯も一切出てこない古い時代のお話でも
不思議と古臭さを感じさせない魅力に溢れた
独特な静けさと躍動感・透明感を持つ世界を描き出す作家さんです。

その方の「掌の中の小鳥」という作品にこんな言葉が出てきていました。

『幼き者よ。答えは汝の手の中にある』

掌の中の小鳥を握りつぶすのも
大空に向かって解き放つのも
答えは、その掌を持つ、自分次第。

この本を読んで以来、何かに悩むときには
いつもこの言葉が私の頭に響いている気がしています。

かずみさんの言葉に近い感じがして
どこか嬉しくなってしまった私でした(//▽///)
2009/03/10 13:50  | URL | 綾野 #ncVW9ZjY[ 編集] ▲ top
-  -
●綾野さんへ
こんにちは^^
私、勉強不足でしてこの作家さんを知りませんでした。
なのでちょっと調べさせていただきました^^

>不思議と古臭さを感じさせない魅力に溢れた
独特な静けさと躍動感・透明感を持つ世界を描き出す作家さんです。

でもさすが、大好きと仰られるだけあってこんなに素敵な表現をされていて・・・加納さんにとっても作家冥利ではないかと感じてしまいました。
他の方も「ミステリーといっても血なまぐさくなく」とか「日常の何気ない」とか「温かい読後感」とか表現されていらっしゃって、その独特の世界を確立された作家さんなのですね。

「掌の中の小鳥」の文章、素敵ですね。
たぶん同じような事を言っていると思います。
私は「般若心経」を解説した文を読んでから、なにか自分の心の中で収まりがつかないこと、もやもやする事があった時、その時はやっぱり悩み怒るのですが後で考えると全て「答えは自分の中」にあったんだなと気付かされるようになりました。
悩み怒る前にこの言葉を思い出せるようになれば、それは神様みたいですが、そうなれればいいのですがいつも一通り悩み怒った後に気付くのです。
そこが迷える凡人なのですが><
言葉って不思議ですよね。
綾野さんもその素敵な言葉とともに歩いていらっしゃったんですね。
きっと世の中は色々と変化しますが変化しない大きな大元はどんな時代も同じで、そんな考えを言葉にした文はどこか共通点があっていつも私達の側にあり思い悩んだり迷った時に助けてくれるのでしょうね。
そんな言葉に出会えて心の引き出しにしまっておけるのは人生の幅を広げられる素敵なことと思います。
2009/03/13 10:47  | URL | かずみ #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://arugamamano.blog88.fc2.com/tb.php/404-1b229913

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。