FC2ブログ
2018 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
涙したこと
2009/02/02(Mon)
今朝は重いお話で気が進まない方には申し訳ありません。

いつも私は主人や子供達を出して朝一番の家事を済ませた後、紅茶を入れて新聞を広げます。
私の大切にしている時間です。
今朝は全国最年少市長の話題。
33歳という年齢に驚きどんな方かと読み進めました。
そして目に飛び込んできたのが、その方が「痛み」「命の大切さ」を小学4年のころに見たエチオピアのビデオから意識しはじめ、数々のボランティアを経験しまずは現場を知らなければと医者になりアフリカ諸国に就いたときのこと、その国の状況は政治が壊れているのですが
「八歳の女の子が売春したり、病気で亡くなった方が道端に捨てられていたり・・・」
その行を読んだ途端、最近自転車に乗れたと心から嬉しそうにちょっと恥ずかしそうに笑う清花のまだ丸いほっぺの笑顔が思い浮かんだのです。
同い年です。
もう涙が溢れて溢れて声を出して泣いてしまいました。
リンクしてしまい心が激しく揺れてしまったのです。



昨日は私の誕生日でした。
清花はイベント大好きで、(もう誕生日なんていいわ)と思っている私に何か贈りたくて、でもまだお小遣いを貰っていなくてお金もなくて
「ママ、千円貸して」と言いました。
「どうするの?」小学2年生にとって千円は大金です。
「ママにプレゼントを買うの」
プレゼントする相手に借金するなんて、この辺がまだ八歳なんです。
なんと言っていいやら、一瞬困りました。
清花の気持ちを大切にしたいけど何か間違っている。
「ママはねぇ、もうお金のかかったプレゼントは要らないの。」と言葉が咄嗟に出てしまい、慌ててぎゅっと抱きしめました。


明けて今朝の記事です。
各所で「変革」の叫ばれている昨今です。
もう日本は贅沢の頂点を極めたようです。
今まで貧しい国から生きるために提供された資源、食料、労働力を使って潤ってきた考えを捨てなければならない時代となりました。
一主婦ですから大した事は出来ません。
同じ記事に緒方貞子さんの言葉もありました。

「現場に身を置き、川下で溺れている子供を救うのは大事。でも溺れないように川上をなんとかするのも大事だ。」
最年少市長はその言葉に最終的に政治家を目指したそうです。
重ねて言いますが私などただの一主婦で大した事はできません。
でも考えを「変える」時がきているのでしょう。
絶対食べ残しをしない、不要な贅沢は慎む。
そんな事ぐらいでしょうか、その後家事をしながら考えめぐらせた結果は。

もうすぐバレンタインデーも来ます。
若い方は心を込めて好きな方へ、日頃の感謝を込めて周りの男性に、おおいに結構だと思います。
美しく着飾ったり便利な物を買ったり、着て使って生活が潤うのは大切なことです。
それをどうこう言うつもりはありません。
またそうしなければ消費も縮小され経済上よくありませんからね。
ただもう私自身は子供に伝えたように「もうお金のかかったプレゼントは要らないの」と言える、今まで充分満たしてもらったという気持ちになってきました。

でも子供に対しては教育だったり経験だったりそんなものにお金をかけてしまうと思います。
矛盾したことばかり言っていますが、生活の何かを変えるとき(もう充分だから)と感謝して満たされ反省して、小さなことからやっていきたいと思いました。
そして思うのは日本は恵まれている、日本の子供は本当に恵まれすぎているという事です。
子供にも社会がありますから反対の方向を向かせるわけにはいきませんが、今朝のような記事を通して何か気付いてもらえるように伝えていきたいものです。

余談ですが、主人は今、私の車を買い換えようとしています。
10年乗った古い車で、変え時になってきました。
車なんて要らないと思うこともありますが、まだ子供3人と年寄り2人。
いつ病院に駆けつけなければならないとは限らないので、まだまだ手放せません。
バブルの頃にみんなが競って乗ったちょっと分不相応な車を検討しています。
「消費も大切な役割だ」と言いますがどうなんでしょう。
主人の楽しみ(車を検討する)を奪うようで考えあぐんでいます。
こうした現状と遠い国の現実とを折り合いをつけながら、あくまでも個人の価値観と考えで少しずつでも方向が変わり、変革の波が大きなものとなって遠い国の不幸が一つでも減ることを願わずにいられません。
大きな問題でいろんなご意見があると思いますが今朝、感じたまだ何も手直ししていない未熟な今の私の考えです。
図らずも娘に言った自分の一言が今朝の新聞記事と相まって、私にとって今後の方向が少し見えてきた気がしました。
主婦として工夫していきたいと思います。
そしてこの最年少市長にも注目していきたいですね。
若いという事は強いということです。


その後、娘は「足先が冷たい」といつも言っている冷え性の私に、ソックスに貼る使い捨てカイロをくれました。
ささやかなプレゼントだけど嬉しくて、娘の試験の時に大切に使おうかなと思っています^^

驚くことに誕生日を覚えてくださった方達がいらっしゃり、拍手コメントを下さったのにとってもありがたく思っております。
そんな方々に不精な私はなんのお返しもできませんが、心より「ありがとう」とお伝えしたいです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
コメントを書き送信を押したら・・・なんとフリーズして動かなくなりました(Θ_Θ;)
この記事について色々考えながらコメントを書いていたらかなりの時間が経過してしまっていたのでe-330
コメント欄に直接書いていたので下書きもなく、おまけにコメント欄は文末しか表示されてなくて・・
凹んでいますe-263

まずは・・出遅れてしまいましたが・・・
お誕生日おめでとうございますv-314
主婦の方はご家族のお誕生日のことはいつも気にされているのにご自分の事となると
後回しにされている方が多いように思います。
本当は家族を支えている「お母さん」の誕生日こそ家族でお祝いしてあげるべきなのでしょうがi-201
これからの1年がかずみさんにとって有意義なものとなるようお祈りしております。


「涙したこと」については色々な思いがありますが考えもうまくまとまらなくて・・
先日、直木賞を受賞された方がその作品に触れたお話の中で
「命の価値は同じではないと思わざるを得ない。
9.11で亡くなった方々は世界中の人から悼まれたが、その報復で亡くなった
アフガニスタンの市民(子供が多かった)には殆どその死を悼むものはいなかった。」
そんな現実を突きつけられると心穏やかではいられませんでした。
どの命も等しく大切なものであると信じたいから。

一人ひとりの力は小さいかもしれませんが沢山集まれば何か形になる事が出来るかも知れません。
まずは身近な所から何かできる事を。
そしていつかそれが平和に繋がるような事であればと思います。
2009/02/03 01:48  | URL | まかろん #fNnm7P9k[ 編集] ▲ top
-  -
●まかろんさんへ
ううっ、それは悲しいです><
私もたまにやってしまいますが、1時間とか無駄になってしまってもうPCを見たくなくなってしまいます・・・。
そんなに苦労して書いてくださったコメント、私も心して拝見させていただきます。

お祝いのお言葉ありがとうございます。
出遅れなんて言わないで下さいね。
私こそみなさんのお誕生日を把握していなくて、間抜けた時にコメントをしたりしていますので><
本当に主婦は何でも後回しになってしまいますねぇ。
毎年、何事もなくこの日が迎えられることがありがたく思えるという、すっかり主婦体質になってしまいました。
でもこちらでみなさんが「おめでとう」とコメントくださるので、断然、以前よりおめでたい気分になれますよ^^

>どの命も等しく大切なものであると信じたいから。

私も信じたいです。
でも現実は不平等ばかりですね・・・。
>命の価値は同じではないと思わざるを得ない 現実の中において精神の世界では大いなるもののもと、平等でありたいと願います。
アフガニスタンで亡くなった小さな命、どこかで私達の豊かさの代償に陰で失われる命を忘れないでいたいと思いました。
子供が犠牲になるのは本当に辛いです。

2009/02/09 10:54  | URL | かずみ #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://arugamamano.blog88.fc2.com/tb.php/398-269bd2f3

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。