2018 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
センター
2009/01/19(Mon)
昨日、一昨日と娘のセンター試験でした。
こちらでも時折この話題に触れておりましたので、その様子など。

取りあえず風邪を引くこともなく、遅刻する事もなく無事6教科7科目試験に臨む事が出来ました!

もうこれだけで母としては目標達成です。
後はどんな結果が出ても謙虚に受け入れて次のステップに進むだけです。

そんな風に私の心が落ち着いているのは全て娘が頑張っていたからです。
娘自身はあれもこれも「もう少し」と後悔することばかりでしょうが。
(どんなに尽力を尽くしても、範囲の広い試験においては本人は納得いかないものでしょうし、またそうでなければ前進できません。)

今回の試験で頑張ると無理をするの違い、志高くと高望みの違い、を考えさせられました。
ストレスが溜まるのでは無理している、気が焦るのでは高望み。
同じ目標を持ってもやっぱり自分自身の心構え、受け止め方(攻め方)一つで足元の階段が揺らぎます。

というのもセンターちょうど一週間前に娘が爆発しました。
すごく頑張りすぎているなと思っていた矢先、私とちょっとしたことでぶつかってベットで泣いていました。
「受かりたいから頑張りたいのに・・・ストレスがすごくて・・・」
絞り出すような声でした。

この言葉を聞いてすごく娘が可哀想で痛ましくて愛しくなりました。
物事にすごく真面目で誤魔化せなくて、だけど逆にそれが確実に彼女の根っこの部分を太らせている、それ故に目標に向かったら強いと感じていた娘ですがここに来てその性格が裏目に出たようです。
でも私はなにも言えなくて、解決は泣いてストレスを発散できたこと。
彼女の状態と、それをどう考えればよいかは分かるのですが、結局それをするのは彼女自身で病と同じ
「誰もあなたと代わってあげられない」という事実だけです。
親は代わってあげられない、ので残りの一週間はなにも言ってやれないだめだめ母ですが、思いつく出来るだけのことをやりました。
これも私自身が後悔しないために好きでやったことです。
恩に着せることでもなく、申し訳ないと思う必要もないことです。

こんな感じで最後にドタバタしたセンター試験でしたが、最後の一週間で真剣に娘のことを考えられたのは私にとってありがたかったです。
神様が「もう少し子供の気持ちを考えてやりなさい」と仰ったような出来事でした。

次は私大、二次試験、後期試験に向けて娘はまたスタートしました。
いよいよ本格的な受験シーズンに入りましたが、うちの娘だけでなく受験生のみなさんも体調に心がけて、どんなにあなたを思っている人でも『誰も代われない』ということを理解して、無理せず焦らず最後まで一歩ずつ階段を登って行って下さいね^^
頑張っているみなさんにエールを送ります!
あなたが前向きに頑張っているとまわりも前向きになれるのです。

スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
えー今頃?と言う声が聞こえそうですが
新年おめでとうございます。

私の周りでセンター試験に関係しているのが唯一かずみさんのお家だったのでどうしているかしら?と気に留めておりました。
無事にセンター試験が終わってよかったです。
初めの試験ということで緊張も強かったと思いますが、これからの試験も今まで頑張ってきた実力が出せることを願っております。

この記事を読んで、かずみさんの娘さんのように自分自身のことで緊張する場面が
今はないなぁと思いました。
娘さんの苦しい気持ちもわかるのですが、かずみさんの母としての気持ちに共感してしまいます。
本当に「誰もあなたと代わってあげられない」としか言えないですね。
人は自分で切り開いていかなくてはいけない体験をたくさんして成長していくのだなぁと、
子育て中の私も心に留めていかなくてはなぁと考えてしまいました。
かずみさんのお話にはいつも何かを考えさせられます。



年末年始はバタバタしておりご挨拶できず失礼いたしました。
かずみさんは立派なお節を作ったりしてやはり感心してしまいます。

毎年お正月は主人の実家に帰省するのでおせち料理を作ったことがないのです。
義母も黒豆を煮るくらいで買ったおせち料理が出てきますし、
私が作らないと私が食べてきた母の味が子供に伝わらないということに気づいたので今年末は少しやってみようかなと思いました。
あとお雑煮ですね、何年も主人の家でお雑煮を食べていますが
出身が全然違うのでやはり母のお雑煮が食べたくなるんですよね。
ほぼ1年後の話ですけど、私もお節作りをしましたよとお話できるといいなと思います。
今年もよろしくお願いいたします。



2009/01/19 13:15  | URL | チェリー #M3XQ4zfU[ 編集] ▲ top
-  -
まずは、1番目ちゃんとかずみさん、お疲れ様でした。

私の知人の娘さんもセンター試験を受けていたので
かずみさんのところもどうかしらと思いつつ
私もなんだか緊張したり(苦笑)天気が気になったりと
少々落ち着かない二日間でした。

>頑張ると無理をするの違い、志高くと高望みの違い

この言葉、胸にきました。
応援って難しいと思うんですよ。
頑張れ頑張れはプレッシャーですし、そっとしておくことと放置って紙一重だし。
「良い」結果がいいのは当たり前ですが、「良い」も色々ありますから。
私もこの言葉に色々考えさせられました。
でも、1番目ちゃんの爆発が上手く発散出来たのなら、それが一番ですよね。

まだまだ気の抜けない日が続くと思いますが
どうかお身体にはお気をつけください。
2009/01/20 15:23  | URL | cyarako #n08XGfOg[ 編集] ▲ top
-  -
●チェリーさんへ
こちらこそ>えー今頃?と言う声が聞こえそうですが
遅くなってしまいました><

改めまして
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

無事に試験に臨むことが出来て良かったのですが、実力が出せたのかどうか・・・本人は悔やむ部分があるようで私自身も結構、ああすればよかったこう言えば良かったと思うことばかりです。
合格、不合格とはっきり答えの出るものでなく二次に向けて点数をいただくものなので、終わった後も葛藤があるものです。
中学受験とはまた違った感覚ですね。

>人は自分で切り開いていかなくてはいけない体験をたくさんして成長していくのだなぁと、

本当にそうですね。
ここでへんに親が手を出すと成長の機会を奪うことになるのかもしれませんね。
ただ見守る、寄り添うだけ、分かっていても難しいものです・・・。
子育て中は何かと考えさせられることが多いですね。
娘の学校の校長はいつも良いお言葉を下さるのですが、私達母親は疎ましがられながらも(反抗期ですので)報われる事のない愛を与え続け、無償の愛を体現していてまるで修行僧のようだと仰っていただいています。
出家することなく修行ができる、聖職者のように徳を積める素晴らしい仕事ですね、母親業というのは(笑)


さて、お節を立派と言われ恥ずかしいです。
私も両家の母が近いのでいつもお節は頂き物を詰めるだけ。
作るのは中華お節だけで、今回のような和風のものは初めてだったんです。
でも以外に作ると簡単に出来ましたよ。
きっとチェリーさんもそうだと思います。
来年のご報告を楽しみにしていますね♪

●cyarakoさんへ
労いのお言葉、ありがとうございます。
お天気は申し分ありませんでしたね^^
全国一斉に受験というのも一年に一回、本人にとっては一生に一度(浪人すれば別ですが・・・)なかなかいいものかもしれません。
記念受験という方もいらしたみたいでしたよ。

>応援って難しいと思うんですよ。
頑張れ頑張れはプレッシャーですし、そっとしておくことと放置って紙一重だし。

やっぱりcyarakoさんも母親業を一生懸命にされていらっしゃるなと思いました。
どんな親も子を思えば思うほどこの壁にぶち当たりますよね。
思いが強いほどジレンマに陥ります><
外っておくのと見守るの違いはそこなのかもしれません。
一度この壁にぶち当たり悩んでからでないと見守るという距離感が持てないのかもしれません。
実際、娘がストレスを爆発させてからいい距離が持てました。
もっと早く2,3ヶ月前にぶつかり合いたかったのですがそれだけ私が真剣じゃなかったのかもしれません><
特に親子においては何もなくはじめから見守る、寄り添うという関係は成り立たず、知らず知らずのうちにプレッシャーを与え嫌がられぶつかって、いい距離ができるのかなと・・・うちだけかもしれませんがそう思いました。

そう、何をもって『良い』とするか、どんなことでもそうですよね。
何事も結果においては棺おけの蓋をするまで『良い』のかどうかは分かりません。
ただ向かう姿勢、一生懸命に取り組んだかどうかという部分で『良い』後味が残るのでしょうね。
2009/01/23 12:21  | URL | かずみ #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
-  -
かずみさん、こんばんは♪
お久しぶりです~。今更のコメントで申し訳ありませんw f(^^;

以前、書きましたが、私も高校受験の時でしたけど爆発したことがあるので、
お嬢さまの気持ちが痛くて、思わず泣きそうでした。

もちろんお嬢さまと私では、明らかに元々のデキが違うので、
私の何倍も苦しまれたんだろうな、なんて考えていました。

時々、母が私にこう言います。
「今思うと、ああしてあげれば良かったかな。申し訳なかったわ。」
でも、今となってはいい思い出です(笑)

>思いつく出来るだけのことをやりました。

きっと、お嬢さまにも、かずみさんのお気持ちは伝わっていると思います。
本当にいつもお嬢さまが羨ましく思います。

本当に終わるまで、まだまだ大変でしょうけど、かずみさんご自身もお体に気をつけて、
乗り切って下さいね!

2009/01/31 23:05  | URL | 桃香 #QOxbn3Rw[ 編集] ▲ top
-  -
●桃香さんへ
こんにちは、私もすっかりレスが遅くなってしまい申し訳ないです。

私の受験の時は爆発もしなかったので、あまり真剣に向き合っていなかったなーとちょっと反省しました。
桃香さんも爆発したのは、ひたむきに頑張っていらっしゃった結果なんでしょうね。
そういう経験はまた活かされるし、きっと今でもお仕事をとことんやってしまう部分はもう既にその頃から芽生えていたのでしょうね^^
うちの娘はたいしたデキではないのに、目標ばかり高く置くので本人が大変と思います。
入れる大学に入ればいいと楽な人生を歩んでいる友もいるんですけれど。
どちらがいいかは分かりませんが、結果も過程も全て自分の人生ということですね。

お母様の仰るとおり、結局何をしても「もっと・・・」と思うのでその時その時によいと思うことをやっていくしかないのかもしれません。
私の気持ちは伝わっているのでしょうか?
自己満足のような気もします><
でも後になって桃香さん親子のようにあの時話ができれば、そんな関係になっていればいいなと思います。

ありがとうございます。
私は元気ピンピンなんですけど、先週は息子がインフルエンザ、今は娘が風邪><
明日は私大の入試だというのに><
今年は何故か病気がちな我が家です。
桃香さんもお忙しそうですが、ゴルフシーズン目前、それを励みに頑張ってね!
2009/02/06 16:02  | URL | かずみ #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://arugamamano.blog88.fc2.com/tb.php/394-57b47515

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。