FC2ブログ
2018 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
抱きしめること
2008/09/08(Mon)
ハグとか抱きしめるとか聞くと、いつも思い出すことがあります。

Kが弟について話した事。
Kの弟さんはそろそろ結婚と考えているようで『お見合い』の回数を結構重ねているらしいのです。
でもなかなか気に入る方がいなくて、いつもお断りをしているそう。
Kにしてみれば「贅沢ばっかり。母親が世話をしすぎたのよ!男の方から断ってばかりなんて。一生、結婚できないわ」
私にしてみればなんとも言えず「いいじゃない今時結婚しない人なんていっぱいいるわよ。ちゃんとした会社に勤めているんだから独身貴族を楽しむのも一つの人生かもよ。」と差しさわりのない返事をしました。

「でもね、子供を抱きかかえる時思うのよ。『ああ、○○はもうこの肌の感触を知らずに生きていくんだな』って。」

私ははっとしました。
Kの言っている事は、結婚しないということは別になにも不自由とは思わないけど
”心の通じ合う肌と肌の触れ合い”がなかなかもちにくいという事をいっているのでしょう。
子供がいらっしゃらない夫婦でも相方がいれば、何気に手を繋いだり生活のここかしこに肌の触れ合いがちりばめられています。
もし私が独りだったら・・・・そうそうお友達と手を繋ぐわけもなくハグすることもないし。
ふと人肌が恋しくなるのかしら?
十何年も毎日、肌の触れ合いがある私にとっては想像がつきません。
安易に「独身貴族もいいわね」と言った私に比べ、やはり弟を思うKの心の深さ。
あの優しい肌と肌の触れ合いを思い出して、今の自分の幸せに感謝しました。
そしてKはいつもその幸せを感じて子供を抱きしめているんだな、とKの心の豊かさと反対に私の気付かなさ><

勿論、独身主義や結婚されないことをなにか言うつもりはないのですが、Kの言葉にまた一つ、当たり前と思っていたことの幸せを感じたのです。




今朝の新聞で介護の方が「床に伏せった母をずーっと抱きしめていてくれた」というのを読んで、素晴らしい介護だなと思って、Kの話を思い出しました。
人間っていくつになっても肌の触れ合いがほしいですよね。
私もこうありたいと思うのです。

子供がお腹が痛いという時、必ず手でさする事にしています。
できたら肌に直に触れて。
肩こりの1番目には肩揉み。
2番目とはなかなか肌の触れ合いは年頃的にも難しい・・・ので反対にこちらが肩揉みしてもらっています^^
3番目は常に座るときは膝の上。
眠る時は主人がいるとマッサージをしてもらっています。
そういえば子供達は全て小さい時、眠る前にマッサージをしてもらって眠っていました。
パチンっと一発、叩かれるのも肌の触れ合いだと思うのです。


早く3番目が帰ってこないかな~ギュっとハグしたい気分になっています^^
その優しい感触がいいですね!



スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
ご友人のKさんのお言葉、深いですね。

存在って大事ですよね。
目に見えるもの、声、言葉だけではなく
伝わらない何かを伝えてくれるものが
存在、温もりなのだと思います。

肌に触れること
かなり親しくないと出来ない行為ですよね。
気持ちも言葉も超えてしまえるものなのかもしれません。

触れること
触れられる位置にいること
触れられる存在が在ること

それは、嬉しいけど切なくて恋しくて泣きたいほど大切なものと
改めて気付かされました。

とても素敵な記事をありがとうございました。
2008/09/09 12:39  | URL | cyarako #n08XGfOg[ 編集] ▲ top
-  -
●cyarakoさんへ
彼女が実感して思わずつぶやいた言葉だから、私の心にも響きました。
弟を思う気持ちと肌を触れ合う人の存在のありがたさが滲み出ていました^^

そうなんですよー考えてみると肌を触れ合うというのは、大人になってしまうと親しい人がいないと出来ないということに改めて気付きました。

>触れること
>触れられる位置にいること
>触れられる存在が在ること

今の日常にこんな幸せが隠れていたんだなって感じです。
人のぬくもりっていいですよね^^

私はもう息子を抱きしめることが出来ないなと思うと本当に寂しい気がします。
まだ3番目がいるけれどやがて巣立って、夫婦二人になるのでしょうね。
そして独りになって・・・。
人間の孤独って肌の触れ合いがなくなることからはじまるのかもしれません。
なんだか暗いレスになってごめんなさい。
でもそれに気付くと今の幸せが輝いてくるものですね!

介護の方の抱きしめるという行為のすばらしさ、いつか私もそんな立場になったら肌の触れ合いを大切にしたお世話がしたいです。

cyarakoさんとこの話題を共有できたことを嬉しく思います^^
2008/09/20 12:02  | URL | かずみ #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
-  -
最近読み逃げ状態でごめんなさい。

考えさせられる記事でした。
中々コメントできなくて・・
私もある意味暢気な独身者なので・・・
そうですね・・

>『ああ、○○はもうこの肌の感触を知らずに生きていくんだな』って

肌の触れ合いは精神的には人間にとってとても大切なことだと思います。
その弟さんも人肌が恋しくなった時には結婚なさると思いますよ。
特に男性は年配になっても若い女性と結婚するチャンスがありますから。
やはり、母になった方は肌が触れ合う有難味を特に感じられるのかもしれませんね。
私の友人夫婦には子供がいませんが、彼女は子供好きなので
知り合いの赤ちゃんも良く抱っこしたり、姪っ子の世話も良くしています。
私も子供好きで、子供にも好かれるのですが、ふにゃふにゃしている赤ちゃんを抱くには苦手。
考えてみれば、友人の子供と遊んでいても抱きしめたりはしていません・・
やはりそれが家族との違いかもしれません。
やはり我が子というのは愛しいものでしょうし、いつも触れていたいものでしょうね。
私はそのかわりワンちゃんだったら、どんな犬(不細工でも大きくても噛みつく犬でも)でも
抱き締めたり撫でたりしますi-229

この記事を拝見してすぐ、エスカレーターに乗っている母娘がとても仲が良さそうで
母親が娘さんの頬を触りながら話しているのを見た時に親子の肌の触れ合いって、
何気なくてもとても良いものだな~と思いました。

まあ、肌の触れ合いのない独り身だとしても悲観せずに生きて行こうとは思っているのですが・・





2008/09/22 23:28  | URL | まかろん #fNnm7P9k[ 編集] ▲ top
-  -
●まかろんさんへ
>最近読み逃げ状態でごめんなさい。

読んでくださっているだけで嬉しいです!

独身者の方にはあまりいい感じのしない記事でしたでしょうか?
書いていてちょっと気になりました・・・。
最近はいろんな考えがあって独身の方も多く、結婚→子育て、が全てではないと思っています。
実際、子供を産み育てるということは10%が可愛くて、でも残りの90%は大変で心配で不自由で報われない事ばかりです。
これは私の周りのママはみんな言っています。
家を一歩出れば、事故に遭わないかちゃんとやっているか・・・まるで心配の種を産んだような物です。
でも子供のない方にとってはそれもまた、いい事なのでしょうね。
この問題はとってもデリケートな問題で一概にはなんとも言えません。
ただ日頃の子育てのご褒美の一つがこの”肌の触れ合い”かなと思っています^^
でもそれも小学生まで、最後は主人と二人です。
そして独りにもどっていくんですよね。
子供がいらっしゃらなくてもパートナーのいらっしゃる方はしっかりとハグしあって下さい!
パートナーのいらっしゃらない方もまかろんさんの仰るとおり動物の温かい体は心が癒されますね^^

>何気なくてもとても良いものだな~と思いました。

こう仰られるまかろんさんの心がとっても温かいのにお気づきでしょうか?
頬を触れながらお話する親子を見て微笑まれるまかろんさんが想像できて、こちらまで温かくなります^^

新聞の介護士の”抱きしめる”という行動がすごく美しく思えたので肌の触れ合いについて書いてみました。

>まあ、肌の触れ合いのない独り身だとしても悲観せずに生きて行こうとは思っているのですが・・

悲観なんてとんでもないです。
私にとっては自由でとても羨ましいのです。
”肌の触れ合い”についてはある一つの見方。
別の見方をすれば独身ほどいいものはない、となるのかもしれません。
それにいずれ人間は一人で逝くしかないのですからね^^独身も既婚も関係ありませんよね^^


2008/09/24 16:31  | URL | かずみ #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://arugamamano.blog88.fc2.com/tb.php/370-de4c7974

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。